靴擦れしないためにはどうすればいいの?靴擦れになった時の対処法

ファッション

新しい靴を履くときには、気分がうきうきすると同時に、靴擦れができたら嫌だなと思うこともあるのではないでしょうか。靴擦れはできやすい人とそうでない人がいますが、新しい靴の場合は、やはり足に慣れないし、靴が堅いので靴擦れはできやすいのです。そのための靴擦れ防止策となった時の対処法をご紹介します。

靴擦れを作らないように靴になれる練習をする

靴を購入した時には、まだ靴の形がしっかりしていてかたさがあるはずです。何回も履くことで靴が柔らかく足になじんできますが、それまでは靴擦れが出来る可能性が高いので注意が必要です。
新しい靴を購入してはいた時には、まず短時間から着用しましょう。いきなり何時間も着用すると靴擦れが出来るもとになります。そのため今日は1時間、次の日は2時間など少しずつ着用時間をのばしていくのがおすすめです。

何度履いても靴擦れが出来る場合

何度履いても靴擦れが出来るという時には、靴擦れが出来る場所にワセリンを塗って保護すると良いでしょう。ワセリンというのは皮膚に油膜を張り、滑りを良くしてくれるもの。そのため靴による摩擦の軽減になり、靴擦れを予防することが出来ます。
またワセリンでも靴擦れが出来るという時には、カットバンをその部分に張って予防すると良いでしょう。

出来てしまった靴擦れへの対処法

靴擦れが出来てしまうと水ぶくれや傷が出来るので痛みが伴います。靴を履かないわけにはいかないので、靴を履くたびにいたくて嫌な思いをすることもあります。
靴擦れができた時には、まずはその靴を履くことを休止してみましょう。そして別の靴を着用して靴擦れの回復を待つのです。
靴擦れができた時には、カットバンで傷を保護する、そして靴下を着用して靴を履くのがおすすめです。そして自宅に帰ると、なるべくその部分に負担がかからないようにすると治りがいいでしょう。靴擦れが治ったからといって安心するのも禁物です。一旦靴擦れが出来て治った部分は、まだ薄い皮膚であることが多いのです。そのためやはりまた傷がつかないようにワセリンやカットバンで保護するのも大切です。

ここまで靴擦れについて紹介しましたが、靴擦れに悩まされる人は、素敵な靴に出会っても靴擦れができやすいので購入を迷うこともありますね。しかし対処法だけ知っておけば、その靴をあきらめることはないのです。いつでも素敵な靴を履きこなすために、そして素敵な靴に包まれている自分の気分をあげるためにも靴擦れ対策は重要なのです。