髪をサラツヤにしたい!今すぐできるお手入れ方法

美容

サラサラでつやつやしてる髪の毛っていいですよね…。髪までしっかりお手入れされていると、なんとなーく「きちんとしてる人だなあ」って思うし、清潔感もありますよね!

今回はいますぐできる、髪をサラツヤに保つお手入れ方法をご紹介します♡

夜に髪を洗うようにする

髪は仕事に行く前に早起きしてお風呂に入って洗った方がいいと思っていました。
でも、夜に洗ってドライヤーで乾かして寝る方が、髪をサラツヤにするためにはいいそうです。

よく考えてみたらそうだなと思いました。
私のような事務の仕事であっても、お昼の間生活をしていればホコリも付くし汗で頭皮も汚れます。
そう思い直して夜に髪を洗ってよく乾かして寝る習慣をつけました。

夜にゆっくりお風呂に入って髪を洗って寝るとスッキリしていいものですね。
疲れもよく取れて、次の日の朝も少しゆっくり眠れるし気持ちよく目覚められます。

ブラッシングは大切

そして大切なのがブラッシング、ただ髪をときほぐせばいいのではないってことを知りました。

大切なのはブラシ選びとブラッシングのやり方なのだそうです。
ブラシは毛の柔らかめのものを選び、頭皮もマッサージするように丁寧に髪をとかしていきます。
できれば動物の毛を使った材質のブラシを選ぶと、髪に地肌にやさしいブラッシングができるということなんです。

またブラシ選びで注意した方がよいことがあります。
それはナイロン製のものはお安くて水洗いができたりとお手入れもしやすいのですが、これは避けた方がいいようなんです。
髪をサラツヤに仕上げるためには静電気は禁物なのですが、それが起こりやすくなるのがナイロン製のブラシとのことです。

シャンプー.コンディショナーは髪に優しいものを選択

シャンプー・コンディショナー選びは髪を洗う上で、女性にとって最重要と言えるのではないかなと思います。
その際は単純に香りのよい商品を選ぶのではなく、ノンシリコンやアミノ酸系成分のものを選ぶとサラツヤ髪に一歩近づくことになります。

市販されている商品というのは、石油系や石鹸系といわれるものが多いようです。
これはお買い求めやすく洗浄力もとても強いのですが、その分頭皮には刺激が強いためサラツヤ髪のためにはあまりよくありません。
そのために、購入する時には成分のところをきちんとチェックするようにするといいですね。

そして実際に髪を洗うときの注意点です。
髪を濡らす前にブラッシングをして髪をとかしておいて、洗う時に負担を与えないようにします。
髪同士が絡んでいるところを、無理やり手でゴシゴシ洗ってほぐすようではダメということですね。

頭皮を洗う時にも爪で傷つけたりすると傷がついて、それが育毛環境にも影響しかねないようなんです。
そのため指の腹で頭皮をマッサージし、ツボを押すような感じで優しく洗うと血行がよくなります。
サラツヤ髪が育ちやすくなるにはコツがあるのですね。